2011年6月24日金曜日

uim* を v.1.7 にあげたら日本語が入力できなくなった -> portdowngrade した

ひさしぶりに ports を上げてみた。 2011年6月3日にチェックアウトして。
そうしたら、日本語入力ができなくなったのだ。

今回上げたもののうち怪しいのは以下の uim 関係の4つ
ja-uim-anthy-1.5.6_3                <   needs updating (port has 1.7.0)
uim-1.5.6_3                         <   needs updating (port has 1.7.0)
uim-gnome-1.5.6_4                   <   needs updating (port has 1.7.0)
uim-gtk-1.5.6_3                     <   needs updating (port has 1.7.0_1)

オプションを変更したりしたけれど、どうにもこうにも直らない。
(あとで分かるのだけれど、uimの --without-anthy は関係ないようだ)
しょうがないので portdowngrade で元に戻して一件落着。
(もとはv.1.5だったけど、v.1.6で大丈夫だったので、今はv.1.6が入っている)
anoncvs.jp.FreeBSD.org はcvsに失敗するから、ほかのサーバーを試してみよう。

# export CVSROOT=:pserver:anoncvs@anoncvs.tw.FreeBSD.org:/home/ncvs/
# cvs login (パスワードはanoncvs)
# portdowngrade japanese/uim-anthy (v.1.6.0を選んだ他も同じ)
# portdowngrade textproc/uim
# portdowngrade textporc/uim-gtk
# portdowngrade textproc/uim-gnome
# pkgdb -uU
# portupgrade -f uim*

これでまた日本語が入力できるようになった。めでたしめでたし。

参考ページ
portsのダウングレード(FreeBSD覚書)
 http://ml37.exblog.jp/3447065/
portdowngradeをためす(tota diary)
 http://rtfm.jp/~tota/diary/20031204.html#p05
Anonymous CVS(FreeBSD handbook)
 http://www.freebsd.org/doc/ja/books/handbook/anoncvs.html

0 件のコメント:

コメントを投稿